art&tea

糸かけ曼荼羅 茶会


今の自分が、色彩で映し出されるという「糸かけ曼荼羅」制作と、美味しいお茶とお菓子の時間が、『糸かけ曼荼羅 茶会』です。鎌倉の古刹 妙本寺の山裾で、自分の「宇宙」を制作してみませんか?

毎回、季節に合わせたお茶とお菓子もご用意。自分のペースでゆっくりと制作できます。


■糸かけ曼荼羅とは?

自分自身の数と1でしか割り切れない「素数」を用いて作る 「曼荼羅」が、糸かけ曼荼羅です。もともとは、オーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナーが提唱した「教育芸術」の一環として、子供たちに「素数」の美しさを教えるために考案されたのもの、だとか。円形に打たれた64本の釘に、ひと糸ひと糸掛けていく作業により、美しい糸のARTが出来上がります。



■糸かけ曼荼羅 茶会 2016開催スケジュール


5月17日(火)

With 薫る中国茶

※ご参加ありがとうございました。


甘い香りが華やかな、「凍頂烏龍茶」など台湾茶をご用意いたします。



8月22日(月)

WITH 冷たい紅茶

※ご参加ありがとうございました。

いろいろな味と香りのアイスTEA用のシロップをご用意いたします。家庭でも簡単にできるアイデアTEA!いろいろなお味をお楽しみください。



10月24日(月)

with 優しい番茶・焙じ茶

※ご参加ありがとうございました。

日本各地の土地に根差した、優しいお味の番茶やほうじ茶をいろいろご用意いたします。




■開催時間と詳細


●時間      

・午後12:00  受付開始            

・午後13:00~ 講座開始 

※完成までには約4時間ほど。途中でお帰りになり、あとは、ご自宅で!も可能です。

 

●講座料金    

・初めて参加の方   3,500※板、糸、その他用具一式付

           

・二回目以降の方   3、000※板付 糸など用具は各自お持ちください。

 

●持参するもの   30cm×30cmの板が持ち帰れる紙袋など。

            


担当講師

ふかや のりこ

fukaya noriko

 

●TEAマイスター(ルピシア)

●日本中国茶普及協会認定インストラクター

 

●金沢美術工芸大学 油絵科卒

●カラーコーディネーター2級(商品)

●カラーコーディネーター3級試験認定講師